スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も齋藤ファームさんの無農薬米栽培の作業が始まりました。

240520-齋藤ファーム2

まずは水田にきれいな水を取り込みます。
透き通ったきれいなみずです。


240520-齋藤ファーム1


水田に水が少しづつ溜まって雑草が見えなくなる程になっています。
これでしばらくこのまま浸しておくことで水に弱い雑草が消えていきます。

この次の作業は一度水を抜いて起耕し、再度水を張って水田の表面を平らに均して行きます。


スポンサーサイト

無添加・自然派志向の「ラメラボーテ」

先日、ご縁があり青森市筒井の「ラメラボーテ」さんに
「まごころふるさと便」出店の取材に行ってきました。

「ラメラボーテ」さんは、青森市を拠点とした
自然派化粧品の販売会社です。

細胞の活性化に効果があるといわれる青森県産「クマザサ」や
美白効果のあるといわれる青森県田子産「琥珀にんにく」などを原料とした
スキンケア商品とシャンプーを販売されています。

無添加・自然派志向の女性におすすめしたいのはもちろんですが、
このシャンプーを使った、知人男性は
「朝、枕についている毛(抜け毛)が減った!!」と
とっってもうれしそう笑っていました。


まごころふるさと便
「ラメラボーテ」3月上旬オープン予定です。
ご期待ください。


シャンプー

こけし工人で、人気の阿保六知秀さん宅に待望のお孫さんが授かりました



津軽のこけし工人で、人気の阿保六知秀さん宅に待望のお孫さんが授かりました。
誕生日は2月7日です。今日は生後11日目です。

当の六知秀さんは、お雛さまの節句を間近にして、雛こけしの制作で大忙しです。

今年の寒波が、日本酒を美味しくしてくれた

丸竹酒造店 東奥日報に掲載

平成24年2月7日付けの東奥日報に「まごころふるさと便」にも
出店いただいている「丸竹酒造店」さんの蔵開きが取り上げられました。

杜氏の竹内さん曰く、「仕込みの最中に寒波がやってきた。
発酵のスピードが遅くなったおかげで、甘いもろみができた。
今年は良い酒ができると確信している」とのことです。

日本各地で大雪を降らせ、多くの被害を出している今年の寒波ですが、
思わぬメリットがあったんですね。

大寒波の影響で疲れた体は
大寒波の影響で美味しくなった日本酒で癒しましょう。

丸竹酒造店の自信作は こちら から購入できます。



蔦温泉@南八甲田地域ブランドプロジェクト始まる

現在、蔦温泉をキーワードとする、震災復興支援プロジェクトとして、しんきん拠点支援コーディネーターの横内氏らによる「蔦温泉@南八甲田地域ブランドプロジェクト」が始まっています。
蔦温泉は周辺を十和田樹海と呼ばれる、ぶなの原生林に囲まれた温泉地。
久安3年(1147年)には既に湯治小屋があったと文献に残っており、明治42年(1909年)、共同管理の湯治場から旅館へと形態を変え、数々の増改築を経て現在に至っております。
正面玄関がある大正7年(1918年)築の本館はとちの木やブナの木の巨木をふんだんに使った特徴的な装飾が施され、年輪を感じさせる重厚な雰囲気で訪れたお客様を出迎えます。
館内は本館・別館・西館の三棟に分かれており、新しい建物と古い建物が混在している中、一環して木のぬくもりや奥ゆかしさを大切にされた造りになっています。
湯船は「久安の湯」と「泉響の湯」の2種類があり、ぶなで造られた底板の間から温泉が湧出しています。

蔦温泉@南八甲田地域ブランドプロジェクト始まる



月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。